チャレンジ組合ちば

中央会の紹介
本会の概要・組織図
中央会の主な事業
定款
個人情報保護について

中央会の紹介
中小企業組合制度ガイド
経営の合理化を目指す方
 (事業協同組合)
グループ創業やコミュニティ
 ビジネスを始めたい方
 (企業組合)
先進組合事例集
チャレンジ組合ちばnew

中央会の紹介
本会の補助事業
本県の中小企業施策(LINK)
国の中小企業支援策(LINK)
県の中小企業支援策(LINK)
官公需対策

中央会の紹介
様式集ダウンロード
決算関係書類作成
届出・登記・定款変更・議事録
組合運営Q&Anew
消費税早わかりQ&A
メール活用法

中央会の紹介
業種・所在地・形態別検索
組合一覧
ホームページ開設組合
会員専用『会員名簿』
リンク登録・規約について

全国組合情報
先進組合情報(LINK)
組合ホームページ検索(LINK)

共済制度・保険
会員の皆様限定!共済制度
会員の皆様限定!保険制度

関係団体リンク
他県中央会
国の関係機関
県の関係機関
千葉県青年中央会
千葉県レディース中央会
千葉県異業種交流融合化協
千葉県官公需適格協
千葉県事務局責任者協会

本会活性化情報誌
千葉県中央会ホーム > 組合運営を支援します > 組合運営QandA

組合運営 QandA

Q. 理事になれる人、なれない人
【問】

 組合員会社の社長Aが理事になっている。しかし、理事会には営業部長が毎回出席している。違法ではないか

【答】

ポイント★理事は、正規理事と員外理事の二種類

    ★組合員企業の役員は正規理事

 営業部長が代わりに理事会に出ることは違法です。A個人が組合と委任契約を結んでいるので、他人が理事会に出ることはできません。解決策としては、営業部長を理事に選出する方法、A社長が書面出席する方法、がありますが、毎回書面出席になるなら営業部長を理事にする方法がよいでしょう。

理事については、組合員に限定するか、組合員外の理事を認めるかで次の@、Aのケースがあります。

@組合員に限定しているケース
組合員が会社なら会社の役員(取締役・監査役等)が組合の理事になれます。個人事業者なら代表者だけが理事になれます。このように組合員から選ばれている理事を「正規理事」といいます。

A組合員に限定していないケース
親会社の社員や専従の事務局長など組合員以外の者も理事総数の三分の一まで理事に選ぶことができます。これらの理事を「員外理事」といいます。「員外理事」を置く目的は、広く外部の意見を聞くため、組合の業務に専従している者を理事にするためなどです。

営業部長のケース
さて、設問の組合員企業の営業部長のケースを考えてみます。この営業部長が取締役の身分を持つならば@のケースに該当しますから、総会で理事に選出すれば問題は解決します。取締役身分を持たない従業員ならば、員外理事にすることを検討します。組合員企業から選ばれていながら組合員外の理事というのは妙な扱いですが、組合員企業の従業員は員外理事の扱いになります。法律の解釈が正規理事と員外理事の境目を、組合員企業の「役員である・なし」のところに置いているからです。会社の役員ではない営業部長は員外理事になるしかないのです。

組合の定款に、員外理事の規定を入れて、この営業部長を理事に選出すれば、法的な問題は解決します。

最近「役員」の解釈が難しくなってきました。執行役員制を導入する会社が増えたり、委員会設置会社の制度が設けられたり、さまざまな動きがあるからです。

基本的に株式会社の「取締役・監査役」、特例有限会社の「取締役」、合名会社の「業務執行社員」、合資会社の「無限責任社員」と「業務執行権をもつ有限責任社員」、合同会社の「業務執行社員」が、正規理事に就任できると理解しておけばよいでしょう。

(中小企業組合理事のためのQ&A/清水透著・2010年5月(新訂)第1版第1刷発行より転載)

このページの情報は『中小企業ちば』平成24年5月号に掲載時のものです。
最新の情報は、各省庁ホームページ等でご確認下さい。


BACK
(C)千葉県中小企業中央会 無断転載を禁じます