関東甲信越静ブロック中小企業青年中央会第2回代表者会議・
関ブロ情報ネットワーク運営委員会開催
 3月4日〜5日新潟県月岡温泉「ホテル摩周」に於いて、第2回代表者会議・情報ネットワーク運営
委員会が開催されました。
 ネットワーク運営委員会では、関ブロホームページの方向性を確認しました。
 代表者会議では、会則改正(監事設置)が可決承認され、埼玉県の河端洋氏、龍崎弘道氏が選出され、
承認されました。
 講演会は「スローフードはすばらしい!〜スローフード運動から実践する街おこしとビジネス交流〜」と
題して、スローフード・にいがた マーケティングライターの岩田桂氏より食育の大切さ、スローライフの
文化、負けない競争等について語っていただきました。

  
  佐久間副代表幹事(中央)        高橋代表幹事            岩田桂氏
青年部懇談会開催

 2月22日柏フェニックスホテルに於いて青年部懇談会を開催しました。
 中央会岩崎組織振興部長の「これからの青年部活動」についての講演後、参加団体より青年部の活動状況
及び問題点、青年中央会に対する意見・要望を発表していただきました。
 今回、東葛地区で開催したのは、普段遠くて参加しづらい方にも出席していただきたいとの思いがあった
からです。
 参加者の中には青年部未組織組合、青年中央会未加入組合の方もいて本会にとっては絶好のPRの場と
なりました。

  
組合青年部千葉県大会開催

 11月24日ホテルグリーンタワー幕張に於いて組合青年部千葉県大会を開催しました。
 青年部活動成果発表は山武管工事業(協)より最新技術の勉強会やボランティア活動への取り組みについて
発表していただきました。
 基調講演は(株)帝国データバンク 千葉支店長 長井潤一氏を迎え、「伸びる企業・滅びる企業〜何が
企業の明暗を分けるのか!〜」をテーマに、マクロから見た日本経済の現状、伸びる企業・滅びる企業について
事例を交えて紹介していただきました。
 懇親会では腕立て伏せ競争が意外に盛り上がりました。

  
 山武管工事業(協)野老氏         長井支店長            腕立て伏せ競争
組合青年部全国講習会開催

 11月10日ホテル新潟に於いて、全国各地から200余名の参加者を得て、組合青年部全国講習会が開催され
ました。
 基調講演は(株)アルビレックス新潟 代表取締役社長 池田弘氏を迎え、「中小企業の地域密着型経営」を
テーマに、JリーグでNo1の観客動員数を誇るクラブ運営の方法や県内外で経営しているリーディング専門学校の
運営について語っていただきました。
 ビジネスサポート分科会は建設部会、製造部会、生活・サービス部会、環境部会の4つに分かれて討議し、部会
として意見を取りまとめ、懇親会の場で発表しました。
 10月23日に発生した新潟県中越地震では多くの方々が被災されました。各都道府県青年中央会も義援金に
協力し、高口新潟県青年中央会会長へ手渡しました。

   
   ビジネスサポート分科会        高橋代表幹事から高口会長へ

栃木県・茨城県・千葉県 3県青年中央会交流会開催

 8月28日(土)〜29日(日)、3県青年中央会交流会が足利市のニューミヤコホテルに於いて開催されました。
今年は栃木県が担当で、千葉県からは15名が参加しました。
 第1部は視察講演会で、知的障害者の入所更生施設であるこころみ学園の川田昇園長より「障害者とともに〜こころみ
学園とその仲間たち〜」をテーマにブドウとシイタケの栽培を中心とした農作業を通しての園生の自立、ワイン工場の
設立経緯等についてお話をいただき、その後、学園に併設されているココ・ファーム・ワイナリーを見学し、おいしい
ワインを試飲しました。
 第2部のグループディスカッションは、「青年部活動と自社経営」をテーマに参加者を6班に分けて、自社の現状と
問題点、青年部活動における財源確保策、参加率の向上策、親組合との関係等について討議し、各班の代表者が意見発表
しました。

   
    ブドウ畑             グループディスカッション

青年中央会第17回通常総会 開催 

 6月29日、オークラ千葉ホテルに於いて第17回通常総会を開催しました。

全ての提出議案は承認可決され、役員改選では高橋代表幹事が留任し、新役員

とともに新たなスタートを切りました。

 総会終了後の講演会では、「資産運用のノウハウ―ポートフォリオ運用のお

勧め―」と題して、三井生命保険(株)ファイナンシャル・アドバイザー 東竜一氏

から資産運用のポイントについて説明を受けました。

   
     高橋代表幹事            東 竜一氏


関東甲信越静ブロック中小企業青年中央会第1回代表者会議・関ブロ情報
ネットワーク運営委員会 開催

  6月16日〜17日、新潟県湯沢温泉「ホテル双葉」に於いて、第1回代表

者会議・情報ネットワーク運営委員会が開催されました。

 代表者会議では15年度の事業報告、16年度の事業計画等が承認可決され、

役員改選では、会長 高口和則氏(新潟県)、副会長 高須賀博一氏(埼玉県)

が選出されました。

 ネットワーク運営委員会では15年度の運営報告、16年度の収支予算等が

承認可決され、役員改選では、委員長 成田秀雄氏(新潟県)、副委員長 高須

賀博一氏(埼玉県)、佐藤雅彦氏(茨城県)が選出されました。

 講習会は「ユーザーに支持されるための経営戦略〜私が実践している商品開発の

手法と販売システム〜」と題して、(株)スノーピーク 代表取締役社長 山井太氏

から経営理念等を熱く語っていただきました。

 企業視察は、新潟県を代表する地酒「八海山」の蔵元である八海醸造(株)

を見学し、製造過程を見て回るとともに絞りたての原酒を味わいました。

 
 高橋代表幹事            山井太 氏

新春講演会・新年賀詞交歓会 開催

 

去る2月10日(火)、オークラ千葉ホテルに於いて新春講演会・新年賀詞

交歓会を開催しました。

新春講演会は、テレビ・ラジオでお馴染みの経済ジャーナリスト須田慎一郎

氏から「どうなる日本!2004年の日本経済を読む」と題して、公に出来な

い話を交えながら歯切れ良く話していただきました。(強面に見えますが、実

は気さくな人で新年賀詞交歓会にもご出席いただきました。)

新年賀詞交歓会では恒例のパーティーゲーム・抽選会を行い、賞品は1等

空気清浄機、また、バレンタインデーが近いこともあって、女性部員から愛情た

っぷり(?)のチョコレートが提供されるなど大いに盛り上がりました。

  


組合青年部全国交流会 
in 浜松

 

去る2月5日(木)、「愛!!Dear 組合青年部」を大会テーマとして、オークラアクト

シティホテル浜松に於いて開催されました。

全国各地から約280名が集まり、ビジネスサポート交流会、基調講演、分科会、懇

親会と盛り沢山の内容でした。

ビジネスサポート交流会は、各都道府県青年中央会に所属している組合、企業等

約50件が出展し,参加者間の情報交換、ビジネス交流の場となりました。本県から

は千葉県コンクリート製品協同組合がエコセメント製品を出展し、注目を浴びました。

基調講演は、清水エスパルス 前監督 大木武 氏より「リーダーシップの条件」と

題して、サッカー界の裏話を交えて、リーダーについて語っていただきました。

分科会は、「建設」「製造」「生活サービス」「環境ビジネス」の4つに分かれて、さらに

7人程度でグループを作り、自社の現状と問題点等テーマを絞って意見交換を行い、

取り纏めをグループリーダーが発表した。

 

参加した感想

懇親会の演出に脱帽

静岡県青年中央会の団結力、情熱がすばらしい

役者の多さにびっくり

  


   

栃木県・茨城県・千葉県3県青年中央会交流会開催

 

去る9月21日(日)〜22日(月)、3県青年中央会交流会を浦安市のホ

テルオークラ東京ベイに於いて54名の参加者を得て開催しました。

交流会は初めに東京ディズニーリゾートの「イクスピアリ」を視察。イクス

ピアリは架空の物語のコンセプトをもとにストーリー性豊かな9つのゾーンに

100を超えるショップ、レストランと日本最大級のシネマコンプレックス等

から構成されているディズニーランド、ディズニーシーと一体をなす商業施設

です。

視察の後は、ホテルの会議室で(株)イクスピアリ オペレーションサービ

ス課長の中村和彦氏より接客と顧客満足の充足に的を絞った「イクスピアリの戦略」

について話を伺いました。

講演会の後は、同ホテルにおいて懇親会が開かれ、3県の青年経営者が意見

交換を行い、その後もオフィシャルな交流が夜遅くまで続きました。

 

.S 当日は台風上陸で予定していた屋形船での2次会が中止となり、参加者

  にはご迷惑をおかけしましたが、皆様のご協力で楽しい時間を過ごすこと

  が出来ました。

  ありがとうございました。