浪切不動堂

浪切不動 浪切不動堂公園入り口の大聖寺にある国の重要文化財・浪切不動堂の本尊、不動明王は、鎌倉時代、漁師の妻が近くの丹が浦の海中から拾い上げ、ここに安置したと伝えられている。
大漁祈願や海難よけなど、広く漁民に信仰を集めています。
お堂は、室町時代の作と推定されています。

大原町ガイドへ


| イベント案内 | 商店街マップ | 商店街加盟店 | 最新ニュースリンク集