清水工業株式会社
会社概要

【会社概要】

【概要】

商号 清水工業株式会社
設立 昭和14年8月26日
創業 大正8年11月3日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 清水克己
取引銀行 三井住友銀行 千葉法人営業部
商工中金 千葉支店
主要取引先 富士電機 ・千葉工場殿
富士電機 ・川崎工場殿
鞄立製作所 ・日立事業所殿
日鉄住金環境鞄a
島田金属工業鞄a
大阪富士工業鞄a
主要仕入先 花村産業 ・千葉事業所
土井鋼材 ・鶴見事業所
富士スチール
東原産業
東京高圧山崎
株b商会

【建築業許可】

千葉県知事
(般-14)
第33638号(機械器具設置業)
千葉県知事
(般-14)
第33638号(管工事業)

【沿革】

大正8年11月 東京都大田区に清水製作所を創設、当初より重電機関係の部分品(主として変圧器)の製缶板金加工をなす。
昭和14年12月 同所第4工場を姉妹会社「清水工業株式会社」として独立させたが、昭和20年4月戦災により全機能が焼失したので、戦後は清水工業株式会社のみを存続会社とし、富士電機株式会社川崎工場を主力取引先として再建を図った。
昭和38年10月 富士電機株式会社の変圧器部門が千葉県市原市に移転したのに伴い、当社も現在地に分工場を建設・創業させた。
昭和48年8月 合理化並びに公害防止の為、東京都大田区の工場を閉鎖し、現在地に全機能を移転・集結させ現在に至る。
昭和57年 環境設備の製作に着手し、県内外の水処理設備の製作を始めとし、上下水道、焼却場等の環境設備の製作から据付・配管工事まで事業分野を拡大した。
昭和59年1月 本社機構を、大田区より現在地へ移転。全機能を市原市に集結。
平成4年6月 資本金を1,000万円に増資。
平成7年2月 建設業の許可(機械器具設置業) 千葉県知事(般-6)第33638号
平成9年2月 建設業の許可(管工事業) 千葉県知事(般-8)第33638号
平成16年6月 富士電機株式会社の送変電部門が、日立・明電舎との合弁企業発足に伴い、日立・国分工場殿より受注を開始。

Copyright © 2005 清水工業株式会社. All rights reserved.