千葉県 解体 エコ 千葉県解体工事業協同組合

千葉県解体工事業協同組合

写真提供:千葉県


建設リサイクルの概要
建設リサイクルについての詳細は▲国土交通省リサイクルホームページ
不法投棄の実情と対応
不法投棄される建設廃棄物
千葉県銚子市でも産業廃棄物の不法投棄が相次いでいます。
丘陵地帯の小さな谷や採掘跡地など町のいたるところに不法投棄で出来た廃棄物の山があります。
棄てられているのは畳や断熱材など住宅を解体して出たゴミで、不法投棄のほとんどはこうした建設廃棄物で
県外から持ち込まれたものです。
周囲の住民はこの廃棄物がの環境に及ぼす悪影響(ガス噴出、周辺樹木が枯れる、水質汚染など)を心配して
います。
不法投棄への対応
千葉県では不法投棄の対策に本格的に取り組む為、監視指導室 機動班 を発足させました。
不法投棄の現場を押さえ、止めるように指導するとともに悪質なケースは警察に通報し摘発に協力します。
こうした活動も効果を挙げていますが、警察と違い強制的な捜査や逮捕は出来ずあくまで厳しく指導するに
とどまっています。
行政が思い切った手をうてない中、ある地区では住民たちが自ら監視小屋を作るなどして24時間交代で
見張っています。
千葉県ではみなさまの通報をも受け入れております。
監視指導室
産廃残土県民ダイヤル(24時間緊急ダイヤル)
電話 043-223-3801
不法投棄の罰金について
■ 不法投棄を行った者、不法焼却を行った者は、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処せられ、
  又はこれが併科されます。(また、法人には1億円以下の罰金刑が科せられます。)

■ 無許可業者に処理を委託した者は、5年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処せられ、
  又はこれが併科されます。(また、法人には1,000万円以下の罰金刑が科せられます。)

■ 委託基準に違反して処理を委託した者は、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金に処せられ、
  又はこれが併科されます。(また、法人には300万円以下の罰金刑が科せられます。)