チャレンジ組合ちば

中央会の紹介
本会の概要・組織図
中央会の主な事業
定款
個人情報保護について

中央会の紹介
中小企業組合制度ガイド
経営の合理化を目指す方
 (事業協同組合)
グループ創業やコミュニティ
 ビジネスを始めたい方
 (企業組合)
先進組合事例集
チャレンジ組合ちばnew

中央会の紹介
本会の補助事業
本県の中小企業施策(LINK)
国の中小企業支援策(LINK)
県の中小企業支援策(LINK)
官公需対策

中央会の紹介
様式集ダウンロード
決算関係書類作成
届出・登記・定款変更・議事録
組合運営Q&Anew
消費税早わかりQ&A
メール活用法

中央会の紹介
業種・所在地・形態別検索
組合一覧
ホームページ開設組合
会員専用『会員名簿』
リンク登録・規約について

全国組合情報
先進組合情報(LINK)
組合ホームページ検索(LINK)

共済制度・保険
会員の皆様限定!共済制度
会員の皆様限定!保険制度

関係団体リンク
他県中央会
国の関係機関
県の関係機関
千葉県青年中央会
千葉県レディース中央会
千葉県異業種交流融合化協
千葉県官公需適格協
千葉県事務局責任者協会

本会活性化情報誌
千葉県中央会ホーム > 組合運営を支援します > 組合運営QandA

組合運営 QandA

Q. 理事と組合は「委任契約」の委任契約とは?
【問】

 理事と組合の関係は、民法の「委任契約」である。委任契約とはどんな契約か

【答】

ポイント★組合と理事個人の関係は委任契約

    ★委任契約には「善管義務」がある

 委任契約とは、委任者が「お願いします」とある仕事を頼んで、頼まれた人が「はいわかりました。お引き受けします」と承諾して成立する契約です。

「委任契約」は民法の「契約」のところに規定されています。民法の「契約」には、売買契約と雇用契約など十三種類が書いてありますが、委任契約はその中の一つです。

委任契約とはどんなものか、気になります。法律用語辞典(*有斐閣「法律用語辞典四〇頁)には「当事者の一方(委任者)が他方(受任者)に対して、事務の処理を委託し、他方がこれを承諾することによって成立する諾成・不要式の契約。労務供給契約の一種であるが、受任者が自らの裁量で事務を処理する点で、使用者の指揮によって労務を提供する『雇用』とは区別され、結果の完成を必ずしも必要としない点で『請負』とは区別される」とあります。

この委任契約で覚えておきたいのは、「善管義務」と「理事個人と組合の契約」の二点です。

「善管義務」とは「善良なる管理者の注意をもって委任事務を処理する義務を負う」というものです。例えば、組合の事務所に泥棒が入り、お金を盗まれたとします。調べてみると、理事が金庫に鍵をかけ忘れていた、この理事は金庫の管理を組合から委任されていたのに「善良なる管理者の注意」をもって管理をしなかった、悪いのは、委任された任務を怠った理事なのだから、盗まれた責任をとって損害を賠償しなさい、ということになります。

自分で盗んでもいないし、組合から役員報酬ももらっていない、それで責任だけは追及されるのではたまったものではない、と言いたくなりますが、委任契約とは引き受けたからには、善良なる管理者としての注意が必要な契約なのです。

善管義務は、自己の財産に対する注意義務と比較するとわかり易いかもしれません。善良なる管理者は、自己の財産に対する注意よりも重い注意が期待されているのです。

「理事個人と組合の契約」とは、組合と企業の契約ではないという意味です。理事は、個人として組合と委任契約を結んでいます。組合員になるのは会社そのものですが、理事になるのは会社法人ではなく個人なのです。

したがって、盗まれたお金を弁償する場合、理事個人の財布から出さなければいけません。会社から出すと税務上は会社の損金にはならず役員賞与とされる可能性(※国税調査会「協同組合の会計実務」松澤修著一九〇頁)があります。

(中小企業組合理事のためのQ&A/清水透著・2010年5月(新訂)第1版第1刷発行より転載)

このページの情報は『中小企業ちば』平成24年6月号に掲載時のものです。
最新の情報は、各省庁ホームページ等でご確認下さい。


BACK
(C)千葉県中小企業中央会 無断転載を禁じます